1学年 日吉キャンパス

  • 1学年

    数学、物理、化学、生物、外国語(英語、ドイツ語、フランス語)、人文・社会科学の他、医学の基礎科目を学びます。

    EEP(Early Exposure Program)

    医学部入学後の早期に医療現場を体験できる実習として、EEPという独自の授業を設けています。夏休み期間中に老人医療施設や重症心身障害児施設、リハビリテーション施設などで「介護者の見習い」としての実習を行います。

2学年~ 信濃町キャンパス

  • 2学年

    医学専門教育がスタートし、解剖学、生理学、医化学などの基礎医学を学びます。

  • 3学年

    基礎・社会医学系科目を学びます。3学期からは内科学、外科学といった臨床医学も学びます。

  • 4学年

    臨床医学と社会医学系科目を学び、臨床実習の準備をします。

    自主学習

    医学生自らが積極的かつ能動的に研究に取り組むカリキュラムとして1989年から実施しています。医学生と教員がマンツーマンで研究を行う本邦初のユニークな取り組みであり、本医学部教育の大きな特徴となっています。

    臨床実習前教育

    4学年3学期には、診断学実習を通じていよいよ臨床実習を行うための技術や態度の習得、知識の統合をおこないます。

    白衣式

    慶應義塾大学医学部では4学年が終了し、臨床実習が始まる5学年になる直前に白衣式を行っています。

  • 5学年

    慶應義塾大学病院やその他の教育関連病院において臨床実習が始まります。

    臨床実習の概要

    5学年から6学年2学期までを通して、臨床実習が行われます。この実習では、小グループに分かれて各科をまわり、直接患者さんに接していきます。

  • 6学年

    5学年に引き続き臨床実習で学びます。

    臨床実習

    5学年から6学年2学期までを通して、臨床実習が行われます。この実習では、小グループに分かれて各科をまわり、直接患者さんに接していきます。

    医師国家試験

    6学年の2月に医師国家試験を受けます。

6年間を通した科目

  • 医療系三学部合同教育

    2011年度に、慶應義塾独自のIPEプログラム「医療系三学部合同教育」がスタートしました。

  • プロフェッショナリズム教育

    2014年より新しいカリキュラムを開始し、1学年から6学年まで6年間一貫して、プロフェッショナリズム教育を行うこととしました。

  • 国際交流

    教育目標(卒業時コンピテンス)の一つに「国際医療人としての資質」を掲げており、学生に国際交流を奨励しています。