Our 5 Core Values 5つの価値

  • 学部の基本思想
  • 総合大学ならではの多角的教育・研究
  • 独自の医学・医療ネットワーク
  • 多彩なキャリアパス
  • グローバルな教育への取り組み

医学部長メッセージ

創設の精神を受け継ぎ世界に雄飛する
慶應義塾大学医学部

医学部・医学研究科は建学の祖である福澤諭吉の「実学の精神」、「独立自尊」、「半学半教」の精神に加えて、北里柴三郎初代医学部長が医学部創立に際し述べた「基礎・臨床一体型医学・医療の実現」を理念としております。

医学研究科委員長メッセージ

未来の医学を切り開く世界トップレベルの
人材の集結と
育成を目指して

今こそ私達医学研究科は、様々な医学分野の専門家を育成し、この国の復興の推進力とするという時代の要請に応えるべく、学際性と国際性を高め、世界最高水準の医学研究を推進する人材の集結と育成を行っていきたいと思っております。

歴史

医学の進歩と共にある、創立100年の歴史

慶應義塾大学医学部は1873(明治6)年創設の「慶應義塾医学所」を経て1920(大正9)年に私学で最初の大学医学部としてスタートし、医学研究科博士課程は1956(昭和31)年4月に新制大学院として開設され、基礎系の3専攻系(生理系、病理系、予防医学系)と臨床系の2専攻系(内科系、外科系)の5専攻により長年運営されてきました。

キャンパス

神宮の杜に臨む医療に特化したキャンパス

慶應義塾大学病院と一体化したキャンパスには、医学部の2年生以上と看護医療学部の3年生が学んでいます。校舎は病院を取り巻くように建てられており、早い段階から医療現場を体験し、実際に患者と接しながら学ぶことに重点が置かれています。

学生生活

文武両道の精神が息づく楽しくも、
切磋琢磨しあい人間力を高める時間

医学への真摯な姿勢と、学生としてのキャンパスライフの楽しさ。一見相反するこの二つの生活が、なんの違和感もなく共存するのが、慶應義塾大学医学部の日常です。自由闊達な中に、福澤諭吉の理念である半学半教の精神と文武両道のスポーツマンシップが、キャンパスの雰囲気を構成しています。ここで磨かれる“人間力”こそが最大の財産になるでしょう。