音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学医学部・医学研究科
English
慶應義塾大学病院
内部向け情報
研究者の方
教職員の方
在学生の方
医学部について
医学研究科について
教育
研究
医療
アクセス

HOME > 医学部について > 医学部長挨拶

医学部について

医学部について

医学部長挨拶

創設の精神を受け継ぎ世界に雄飛する慶應義塾大学医学部

医学部長 末松誠

医学部長 末松誠

 慶應義塾大学医学部は1873(明治6)年創設の「慶應義塾医学所」を経て1920(大正9)年に私学で最初の大学医学部として誕生いたしました。医学研究科は博士課程が1956(昭和31)年4月に新制大学院として、修士課程(医科学専攻)は、製薬企業をはじめとする医学・医療と密接に関係する企業等においては、医学の基礎知識を備え医療の実践について学んだ人材が望まれていることから、医学部以外の出身者を対象に1994(平成6)年に私学として初めて誕生しました。
 医学部・医学研究科は建学の祖である福澤諭吉の「実学の精神」、「独立自尊」、「半学半教」の精神に加えて、北里柴三郎初代医学部長が医学部創立に際し述べた「基礎・臨床一体型医学・医療の実現」を理念としております。教室内および教室間での不断の交流と基礎と臨床相互の活発な共同研究を通して、創造性あふれる研究を展開し、世界に雄飛し得る人材を育成しております。また、医療の安全確保や倫理に国民の厳しい目が注がれている状況において、豊かな人間性と高い倫理観を有する人材の育成にも力を注いでおります。

自由な環境の中で柔軟性ある研究を展開

 医学部では、自主学習プログラム等を通じたphysician scientistの育成、先端医療の教育・研究にも積極的に取り組んでおります。平成22年度からはMD・PhDコースが開設され、学部・大学院が一体となった幹細胞医学、腫瘍医学の人材育成をスタートさせます。

↑PAGE TOP

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
Tel.03(3353)1211