産学官連携コーディネーター(URA)

慶應義塾大学医学部では、2014年度から、知的財産・産学連携等の担当のUniversity Research Administrator (URA)が総合医科学研究棟に常駐をしています。URAは関連部署と連携をし、研究推進に向けた支援を行います。

リサーチパーク

リサーチパークは2001年に竣工いたしました、総合医科学研究棟内におけるレンタルスペースです。原則3年間を限度として、特定の研究プロジェクトを遂行するために必要となる研究環境(1ユニット約93~121㎡の研究スペース)を所定の条件にてご提供いたします。最大42ユニット稼働可能です。以下の4つのタイプがございます。

type-A:
企業と共同研究契約を締結して行う研究プロジェクト
ype-U:
教室/部門以上の連携を前提としたプロジェクトで、基礎系と臨床系、内科系と外科系、医学部と薬学部等異なる分野の融合研究を推進するためのプロジェクト
type-G:
国等からの公的プロジェクトによって行う研究プロジェクト
type-J:
若手研究者が独立して研究を行うプロジェクト

JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンター

慶應義塾とJSR株式会社は、産・学・医療の連携拠点と位置付ける地上3階、地下1階の共同研究棟「JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンター(通称JKiC)」を信濃町キャンパス内に建設し共同で運営していきます(2017年度竣工予定)。
大学医学部と化学素材メーカーとのこのような連携は世界でも類をみない試みです。基礎から臨床まで一体での医学・医療を展開している慶應義塾の医学部および病院の研究者と、ライフサイエンス領域を戦略事業と位置付けて先端材料・製品の開発を進めるJSRの化学素材研究者とが産学医連携支援の下、密接交流することにより、医療分野の幅広いニーズや先進的アイディアを実現し、健康長寿社会を支える新たな診断・治療技術や医療支援技術の確立と普及につながる研究・事業創造を行います。