医学部および6年制の歯学部、獣医学部、薬学部の卒業生あるいは修士課程修了者を対象としています。医学研究系専攻では、基礎医学と臨床医学の関連分野において独創性の高い基礎研究や疾患の病態メカニズムの解明や難病の治療法の開発に繋がる研究を遂行できる研究者を育成します。医療科学系専攻では、先端医療に結びつく優れた臨床研究の遂行、および、そのプロトコールのデザインが出来る人材、そして文部科学省のがんプロフェッショナルプログラムに対応した診療科横断的な癌の臨床の専門家を目指す人材を育成します。

カリキュラム

慶應義塾大学医学部は1873(明治6)年創設の「慶應義塾医学所」を経て1920(大正9)年に私学で最初の大学医学部としてスタートし、医学研究科博士課程は1956(昭和31)年4月に新制大学院として開設され、基礎系の3専攻系(生理系、病理系、予防医学系)と臨床系の2専攻系(内科系、外科系)の5専攻により長年運営されてきました。しかしながら、慶應医学の祖である北里精神、すなわち「基礎医学と臨床医学の連携を緊密にし、学内は融合して一家族の如く」の心情に立脚した基礎・臨床一体型の研究体制が、COE(Center of Excellence)プログラム採択以降、軌道に乗り盛んになって来ました。その結果、臨床系の大学院生が総合医科学研究センターなどの優れた研究施設をフルに活用し、基礎教室と臨床教室の共同研究の成果が発表されることが多くなり、これらを融合させ、ひとつの学問体系として発展させるため、これまでの5つの専攻を「医学研究系専攻」として一つにまとめました。

一方、臨床の各診療科の枠をこえ、基礎・臨床の英知を結集させた質の高い癌の専門家を育成しようという機運が、「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン(がんプロ)」という文部科学省のサポートのもとに高まりつつあります。このような人材を、学位授与が出来る大学院の教育の一環として養成する必要性が出てきました。また外国と比較して臨床研究が弱いとされるわが国において、New England Journal of Medicineに掲載されるような優れた臨床研究をデザインし、マネージできる人材を養成することも急務となってきています。このような医療に関わる新しい形の人材育成を大学院として行うためには、これまでの医学研究科の体制では対処しきれないため、新たに「医療科学系専攻」を立ち上げました。すなわち、医学研究科は、これまでの5専攻をまとめた「医学研究系専攻」と、新たな「医療科学系専攻」の2専攻体制に新しく生まれ変わり、2009年4月入学者より、2専攻体制の募集と選抜を開始しました。

充実した研究施設・設備

2001年に建設された総合医科学研究センターと、2008年に新設された臨床研究棟が中心となる研究施設です。これらの新しい活気あふれる研究施設では、本学の基礎・臨床医学研究グループのみならず、学外の研究機関や企業などが一体となり、多分野の複合的な研究拠点として、信濃町キャンパスリサーチパークが運営されています。学内研究スタッフと大学院生の間だけでなく、学外や企業研究者との交流によって新しい発想が生まれるきっかけとなっています。さらに、薬学部や製薬企業との連携により、新規化合物などの研究成果を製品化する課程や、新規薬剤や知的財産の特許取得に関連する手順を身近で学ぶことができます。
研究設備面については、各研究室以外にも共同利用可能な施設として、中央機器室やRI研究施設・動物実験施設などがあり、最新の実験機器が完備されており、やる気があれば自分自身で率先して活用でき、様々な研究アプローチが可能です。

最先端のセミナー

大学院コースの教育コアとしては、大学院研究科委員による大学院特別講義が、毎週行われています。また、慶應医学会例会や総合医科学研究センターセミナーでは、研究分野の第一線で活躍する国内外の研究者から最先端の研究トピックスを聞くことができます。
基本的にはセミナーや討論は英語で行われ、外国人研究者との協力体制の確立や、国際的な研究の連携がごく自然に推進されており、海外学会への参加や国外留学などを通じて、国際舞台で活躍できる研究者の育成にも力を注いでいます。