学費

2016(平成28)年度4月入学者の初年度納入金 ※2016年度から減額となります

在籍基本料 60,000円
授業料 1,300,000円
学生健康保険互助組合費 2,600円
合計 1,362,600円

※在籍基本料・授業料についてはスライド制を採用しており、在学中はその適用により毎年定められる学費を納入することになっています。
※在籍基本料、授業料は、春学期・秋学期の2回に分けて納入することができます。

奨学・奨励制度

慶應義塾大学大学院の奨学金

奨学金には人物・学業成績・研究業績が優れた学生を支援するものと、これに加えて研究意欲を持ち、経済的理由により修学が困難な学生を援助するものがあります。いずれの奨学金も、研究に専念し、高度な専門性を身につけ、社会に貢献し得る人材を育成することを目的としています。慶應義塾大学大学院奨学制度は卒業生・企業・団体等からの協力により、多様な制度が用意されています。詳細は、「慶應義塾大学における奨学制度について」で確認してください。

留学生の方は、外国人留学生奨学金案内をご覧ください。

研究のすゝめ奨学金

研究のすゝめ奨学金は、2016年度より医学研究科修士課程の学生向けに新設されました。
対象者は原則、入学者全員となります。詳細については下記のとおりです。

種別 給付型奨学金
資格 修士課程に新たに入学した者
採用予定人数 30名程度
給付額 30万円
申請方法 入学後のガイダンスで説明予定
振込時期 入学後

※入学者が採用予定人数に満たなかった場合、成績優秀な修士課程2年生に給付予定。

慶應義塾大学大学院の奨学金一覧

名称 給貸別 金額 期間 資格

医学研究科修士課程奨学金 給付 上限100万円 1年間 学業成績、人物共に優秀かつ健康であり、医学研究科修士課程2学年に在籍し、かつ、次年度に慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程へ進学する者。
慶應義塾大学大学院奨学金 給付 非留学生
60万円/年
1年間
(毎年出願可)
大学院に在籍(日本人および在留資格が「永住者」「特別永住者」「定住者」「家族滞在」の外国籍学生)し、下記の条件を全て満たしている者。
①研究の意欲を持ち、経済的に修学が困難であると認められる者。②学業成績・人物共に優秀で健康である者。③奨学金受給期間が通算で標準修業年限(修士は2年、博士は3年)を超えない者。④申請時に前年度秋学期までの学費に未納がない者。
留学生
50万円/年
指定寄付奨学金 給付 10~50万円/年 1年間 奨学金により異なる。
小泉信三記念大学院特別奨学金 給付 3万円/月 1年間 大学院に在籍し、研究意欲があり、学業成績・人物共に優秀で健康である者。

日本学生支援機構奨学金 第1種 標準修業
年限
第1種
貸与
(無利子)
5万円/月
8.8万円/月
人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学が困難な者。
第2種
第2種
貸与
(有利子)
5・8・10
・13・15万円/月
学業成績が平均水準以上で、その他の選考基準(家計・人物)に該当する者。
民間団体・地方公共団体の奨学金 給付・貸与 奨学金により異なる 奨学金により異なる 奨学金により異なる。

医学部研究奨励費

医学部研究奨励費は、本学医学部における若手研究者の育成を目的とした奨励制度です。

本学医学部に在籍する35歳未満の教員、研修医、大学院生(修士課程2年次以上)等の在籍者を対象に、個人で行う研究に対し、委員会の審査を経て、毎年20~50万円が補助されます。毎年6月頃募集案内が通知され、8月頃決定します。過去3年間の決定者のうち、約半数は大学院生です。

RA(リサーチアシスタント)制度

本学医学研究科修士課程では、博士課程教育リーディングプログラムにより、対象者にはリサーチアシスタントとしての身分を付与し、給料を支給されながら、研究活動に専念する研究環境を整えています。