教室・科 / 主任 / 概要

  • 解剖学教室神経発生研究分野
    (仲嶋研究室)
    教授仲嶋 一範Kazunori Nakajima

    私たちは、脳の中でも特に高度な役割を担い、「進化の最高傑作」とも言われる大脳皮質を対象にして、その構造が発生過程で正常に作られるメカニズムと、それが破綻した時の脳機能への影響を研究しています。個々の細胞たちが細胞分裂によって誕生した後に、目的地に向かって移動し、さらに機能的な回路網を作っていくドラマをつぶさに観察し、そのメカニズムを分子・細胞レベルで解明することを目指しています。

  • 解剖学教室血管生物学研究分野
    (久保田研究室)
    教授久保田 義顕Yoshiaki Kubota

    解剖学教室I(久保田研究室)は、われわれのからだがどのように形作られるのかを分子の言葉で理解すべく、特に、血管・リンパ管に焦点をあて、最新のマウス発生工学・分子生物学的技術を駆使し研究を行っております。研究の特徴としては、ともすれば時代遅れと思われがちな形態学的観察に重心を置き、常に「わかりやすく面白い研究」を心掛けております。

  • 生理学教室神経生理グループ
    (柚﨑研究室)
    教授柚﨑 通介Michisuke Yuzaki

    生理学は、生体の機能とその動作原理を明らかにすることにより、より健康な体づくりや病気の理解・治療・予防に貢献する学問です。当教室は生理学1分野(感覚系、筋肉系、脳神経系など興奮性細胞の機能)を担当し、生体現象の統合的理解と科学的探求方法の習得を目指して生理学教育を行っています。また、神経活動や環境の変化が、どのようにして記憶・学習を引き起こし神経回路の機能を変化させるのか、という根源的な仕組みの解明を目指して日夜研究を進めています。

  • 生理学教室神経科学グループ
    (岡野研究室)
    教授岡野 栄之Hideyuki Okano

    生理学教室神経科学グループは、生体の恒常性維持に関わる生理機能について概説するとともに、最前線の研究を紹介し、包括的な理解を導く医学部教育を行っています。当教室は基礎研究者と臨床研究者が連携して幹細胞研究を推し進めています。特に、疾患iPS細胞を用いた病態解明研究、創薬研究は神経変性疾患の治療を目指しており、また、iPS細胞から分化誘導した神経幹細胞を用いて脊髄損傷治療研究を展開しています。新世界ザルの一種であるコモンマーモセットを霊長類モデルとして使用した脳科学研究も行っており、国内外から注目されています。

  • 教授安井 正人Masato Yasui

    慶應義塾大学医学部薬理学教室は、初代の阿部勝馬教授以来、常に日本の薬理学をリードしてきた伝統のある教室です。現在、薬物の標的として重要な膜受容体、チャネル、トランスポーターの構造・機能解析を中心に進めています。分子動力学計算や非線形光学系によるライブイメージング等、新しい手法も積極的に取り入れながら研究しています。臨床教室とも連携しながら、より優れた薬物治療の開発を目指していきたいと考えています。

  • 客員教授末松 誠Makoto Suematsu

    医化学は、生命現象の本質を原子・分子レベルで理解し、病態の原因解明やヒトの健康を支える革新技術の創出を図ります。当教室では、生体で生成されるガス分子の受容、輸送、分解機構を解明し、その成果を医学に応用することを目標としております。ガス分子の挙動を生体内で可視化し、その受容体を同定することは、標的が極小分子である故に容易ではありませんが、世界最先端の定量的質量イメージング技術や構造生物学を応用し、低分子代謝物に着想した創薬研究を推進しています。

  • 教授塩見 春彦Haruhiko Siomi

    当研究室では、1)小分子RNAによる遺伝子発現制御機構(RNAi/RNA silencing)、2)転移因子(トランスポゾン)の活性制御機構、そして、3)エピゲノム形成機構の基礎研究をとおして、生殖細胞の形成、維持、分化の仕組みを理解することを目指しています。

  • 衛生学公衆衛生学教室
    教授武林 亨Toru Takebayashi

    衛生学公衆衛生学の役割は、社会の組織的な取り組みを通じてあらゆる人々の疾病の予防や身体的・精神的健康の増進を図ることにあります。当教室は『公衆衛生分野における実証と実践の両立』を設立以来のキーワードに、環境医学・産業医学と疫学・予防医学分野を研究の軸としています。また、教育・人材育成による医学の発展への寄与や、研究成果を通じて社会とコミュニケーションを図り健康社会を実現する公衆衛生活動も積極的に展開しています。

  • 教授岩田 敏Satoshi Iwata

    感染症学は、熱帯病・寄生虫感染症、細菌・ウイルス感染症と幅広い分野を対象とし、基礎研究を通してこれらの感染症の診断と感染制御など、臨床医学にも関連する学際的な領域です。当教室では、少子高齢化、社会活動のグローバル化、地球温暖化等により多様化している感染症に対し、基礎系・臨床系の各教室や感染制御センターと密に連携して、「基礎・臨床一体型」の教室を目指しています。

  • 病理学教室坂元研究室
    教授坂元 亨宇Michiie Sakamoto

    病気そのものを直接観察する事が出来る病理学のメリットを最大限に生かし、がんの初期像、生物学的特性、悪性化の解明、診断への応用を目指します。特に未だ難治がんといわれる肝胆膵がん、肺がんを主な対象として、形態学を基盤とした分子生物学的研究、細胞生物学的研究を行います。加えて、病理形態情報の定量化、IT化に取り組みます。この技術を、がんのみならず、非腫瘍性疾患にも広く応用し、がん・生活習慣病・変性疾患等の精密医療の確立に貢献することを目指します。

  • 病理学教室金井研究室
    教授金井 弥栄Yae Kanai

    ヒト組織検体のエピゲノム解析を基盤とした、疾患、特にがんの発生進展に係る分子機構の研究を行っています。病理診断医が臨床各科と連携して蒐集した、詳細な臨床病理学的情報の紐付いた質の高い組織検体を解析し、バイオインフォマティクス手法を用いて、疾患の層別化や分子診断マーカー開発を目指します。学内外の研究組織と連携した多層オミックス統合解析や、国際的な標準ヒトエピゲノムデータベース事業、バイオバンク構築も実施しています。

  • 微生物学・免疫学教室吉村研究室
    教授吉村 昭彦Akihiko Yoshimura

    当研究室では分子、細胞レベルで免疫応答を理解し、これを制御することでアレルギーや自己免疫疾患などの免疫疾患の治療法を開発することを目指しています。また癌や神経変性など、これまで免疫との関わりがそれほど明確でなかった疾患や生理的な現象にどのように免疫応答が関与しているかについても解明を進めています。このために多くの遺伝子改変マウスを作成し、様々な病態モデルを駆使して実験を行っています。『分子の言葉で疾患を理解する』を研究室のテーゼとして標榜しています。

  • 微生物学・免疫学教室本田研究室
    教授本田 賢也Kenya Honda

    腸内細菌は免疫機能や代謝といった宿主のさまざまな生理機能を調節しています。私たちは、マウスやショウジョウバエ等のモデル生物を用いて、宿主の生理機能、特に免疫系に影響を与える腸内細菌の同定を目指しており、そのため、動物をいったん無菌化した後に、ある特定の腸内細菌種だけが生着した動物を作製し解析を進めています。これまでに、特定の免疫細胞を誘導する腸内細菌種を同定し、臨床応用に向けた取り組みも開始しています。

  • 法医学教室
    教授藤田 眞幸Masaki Q. Fujita

    法医学の役割は、事件や事故の真相を解明し、犯罪の制圧、法的紛争の解決や事故の再発防止に取り組むほか、死因が判然としない突然死などの病態を解明することによって、安全・安心な社会の構築に貢献することにあります。当教室は、1921年に開設された、長い歴史を有する法医学教室です。現在は、青壮年の突然死の研究や法医診断における、より客観的で説得性の高い診断法の開発の研究を進め、また、若手の人材の育成に取り組んでいます。

  • 医療政策・管理学教室
    教授宮田 裕章Hiroaki Miyata

    医療においては公益性を考慮し、患者・国民に良質の医療・サービスを持続的に提供することが重要です。その上で実現すべき価値を明確にしつつ、制度やシステム、実践を設計・管理する必要があります。一方で医療は医療提供者、行政、保険者、企業、患者など様々な役割の関係の中で考えられるべきものです。医療政策・管理学においては俯瞰的立場から政策提言や方法論の構築を行うとともに、関係者との連携の中で実践研究を行っています。

  • 坂口光洋記念システム医学講座
    教授洪 実Minoru Ko

    システム医学講座では、情報化と国際化の2つの意味で「グローバル」を柱とした医学研究を目標としています。「システム思考」と「システム手法」による大容量情報処理・シミュレーションなど最先端のコンピュータサイエンスを駆使した再生医療研究を軸として、研究・医療人材育成を含むグローバルな医学研究を進めています。また、遺伝情報・画像情報・医療情報などのコンピュータ・アルゴリズム開発を通じて臨床に直結した情報科学を推進いたします。

  • 先端医科学研究所細胞情報研究部門
    教授河上 裕Yutaka Kawakami

    先端医科学研究所細胞情報研究部門では、ヒト疾患の免疫病態の解明と免疫制御による治療法の開発を目指しています。特にがん免疫病態の解明とその制御(免疫療法)を、システム生物学的・免疫学的解析技術を駆使して、臨床検体とマウスモデルでの実験を行き来して、研究を進めています。また、基礎研究者と臨床医が一体となった研究体制と臨床教室との強力な連携により、分子生物学的研究から臨床試験の実施・解析まで広く対応しており、次世代先端医療の開発を担う若手人材の養成も目指しています。

  • 先端医科学研究所遺伝子制御研究部門
    教授佐谷 秀行Hideyuki Saya

    遺伝子制御研究部門では、「癌を中心とする難治性疾患の克服」を目標として掲げ、予防・診断・治療に貢献すべく基礎から前臨床まで幅広く研究を行っております。当教室は、国内外の大学から癌研究に熱意あふれる研究者が集まり、日夜活発な研究活動を行っています。先端的な基礎研究で培った知識と技術を臨床医学に応用し、癌を中心とする難治性疾患の予防・診断・治療に貢献すること、そして医学生物学の発展に貢献できる人材を育成することが教室に与えられた責務であると考えています。