創設の精神を
受け継ぎ世界に
雄飛する
慶應義塾大学医学部

医学部長 岡野栄之

慶應義塾大学医学部は1873(明治6)年創設の「慶應義塾医学所」を経て1920(大正9)年に私学で最初の大学医学部として誕生いたしました。その後、大学院医学研究科博士課程を1956(昭和31)年4月に新制大学院として開設、更に製薬会社等の医学・医療と密接に関係する企業等において医学の基礎知識を備え医療の実践を学んだ人材養成が期待されていることに応え、医学部以外の出身者を対象にした修士課程(医科学専攻)を、1994(平成6)年に私学として初めて開設しました。
医学部・医学研究科は建学の祖である福澤諭吉の「実学の精神」、「独立自尊」、「半学半教」の精神に加えて、北里柴三郎初代医学部長が医学部創立に際し述べた「基礎・臨床一体型医学・医療の実現」を理念としております。教室内および教室間での不断の交流と基礎と臨床相互の活発な共同研究を通して、創造性あふれる研究を展開し、世界に雄飛し得る人材を育成しております。また、医療の安全確保や倫理に国民の厳しい目が注がれている状況において、豊かな人間性と高い倫理観を有する人材の育成にも力を注いでおります。

自由な環境の中で
柔軟性ある研究を展開

医学部では、自主学習プログラム等を通じたphysician scientistの育成、先端医療の教育・研究にも積極的に取り組んでおります。平成22年度からはMD-PhDコースが開設され、学部・大学院が一体となり、幹細胞医学、腫瘍医学などの人材育成をスタートさせています。

医学部長
岡野 栄之
Hideyuki Okano

慶應義塾大学医学部長、生理学教室教授。専門は分子神経生物学、発生生物学、再生医学。慶應義塾大学医学部教授。元大阪大学医学部教授である。日本神経科学学会副会長、International Society for Stem Cell Research (ISSCR) Board of Director、日本再生医療学会理事、日本神経化学会理事等も務めている。