人を生かし、人を育てる
慶應義塾大学医学部

医学部長 天谷雅行

慶應義塾大学医学部は1873(明治6)年創設の「慶應義塾医学所」を経て、1917(大正6)年に開設されました。その後、大学院医学研究科博士課程が1956(昭和31)年4月に、修士課程(医科学専攻)が1994(平成6)年に開設されました。

医学部・医学研究科は建学の祖である福澤諭吉の「実学の精神」、「独立自尊」、「半学半教」の精神に加えて、北里柴三郎初代医学部長が医学部創立に際し述べた「基礎・臨床一体型医学・医療の実現」を理念としています。医学部内の基礎・臨床教室間のみならず、理工学部、薬学部、看護医療学部など他学部間と、強固な連携に基づいた、世界を先導する創造性あふれる研究を展開しています。

医学部では、自主学習プログラムにより、自分の興味ある研究テーマについて第一線で活躍する研究者の指導を受け、基礎、臨床に関わる様々な研究に取り組むことができます。短期海外留学プログラム(選択制)などにより、学年の1/4にあたる学生が、海外の病院での臨床実習を体験しています。南米、アジア諸国の医療事情を学ぶ課外活動も多数あります。

ひとりがひとつの病気だけを持って病院を訪れることが少なくなり、複数の病気を同時に抱えることが当たり前の時代が訪れています。臓器ごとに分かれている従来の診療科枠では、対応が難しいケースが増えています。慶應義塾大学病院では、症例毎に診療科の壁を越えて医療チームを構築し、高い総合臨床力を提供しています。その中で、真に求められる医療を自然に習得できる場があります。

ひとりひとりの個性を大切にし、多様性を尊重します。世界の第一線で活躍する研究者と交わる機会が豊富にあります。人間味があり心の通う最先端医療を提供する臨床医の教えを受ける機会に恵まれています。「人を生かし、人を育てる」学府、それが慶應義塾大学医学部です。

医学部長
天谷 雅行
Masayuki Amagai

慶應義塾大学医学部長、皮膚科学教室教授。専門は皮膚科学、皮膚免疫学、細胞生物学。理化学研究所 統合生命医科学研究センター チームリーダーを兼務(非常勤)。National Academy of Medicine (米国) 国際会員。日本皮膚科学会副理事長、国際研究皮膚科学会理事等も務める。