慶應義塾大学 医学部・医学研究科 Keio University School of Medicine

Our 5 Core Values 5つの価値

  • 学部の基本思想
  • 総合大学ならではの多角的教育・研究
  • 独自の医学・医療ネットワーク
  • 多彩なキャリアパス
  • グローバルな教育への取り組み
Enter

Newsニュース・講演会

History of
Keio Medicine
慶應医学の歴史

医学部は大正6(1917)年、世界的な細菌学者である
北里柴三郎を学部長に迎え、
慶應義塾大学部医学科として発足しました。
北里は当時の医学界が陥っていた
各科分立による弊害を排するために
大教室制ともいえる組織を導入。
さらに基礎医学と臨床医学の連携を重視しました。
以来、本学部は北里が示した理想の医学教育を追求、
体現しながら、
知識と技術、
豊かな人間性を兼ね備えた、
信頼ある医療人の育成に努めています。

  • 1858(安政5)年
    福澤諭吉、江戸築地鉄砲州に蘭学塾を創始
  • 1873(明治6)年
    慶應義塾医学所開設。初代校長松山棟庵(1880年廃校)
  • 1917(大正6)年
    慶應義塾大学部医学科開設。学部長北里柴三郎
  • 1918(大正7)年
    看護婦養成所開設
  • 1920(大正9)年
    大学令により医学部となる。大学病院開設(病院長北里柴三郎)
  • 1929(昭和4)年
    予防医学教室竣工
  • 1937(昭和12)年
    北里記念医学図書館開設
  • 1945(昭和20)年
    空襲により病院本館、基礎医学教室などの建物6割を消失
  • 1952(昭和27)年
    新制大学医学部設置
  • 1956(昭和31)年
    新制大学院として医学研究科博士課程開設
  • 1957(昭和32)年
    東校舎竣工
  • 1961(昭和36)年
    第二校舎竣工
  • 1977(昭和52)年
    月が瀬リハビリテーションセンター竣工
  • 1987(昭和62)年
    新棟開院
  • 1988(昭和63)年
    看護短期大学開設(厚生女子学院から改組)
  • 1994(平成6)年
    医学研究科修士課程設置
  • 2001(平成13)年
    総合医科学研究棟竣工
  • 2008(平成20)年
    臨床研究棟竣工
MORE