小児科医・産婦人科医育成コース

プログラム内容

2年間を慶應義塾大学病院で研修する小児科医・産婦人科医育成コースです

 
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 志望科 麻酔 救急 内科
2年次 地域 志望科 交流科 選択(複数可)

※2年次のローテーションは順不同

志望科(1年次)  小児科医志望者は小児科

地域医療              それぞれ小児科あるいは産婦人科に特化した地域医療研修を行います。

志望科(2年次)   小児科医志望者は小児科・小児外科・NICU、産婦人科医志望者は産婦人科での研修を行います。

交流科                 小児科医志望者は産科、産婦人科志望者はNICUでの研修を行います。

(備考)              小児科・産婦人科医を目指す人のためのコースですが、修了後に他の診療科に進むことも許容されます。

小児科医志望者のモデルコース

1年次
4月 小児科 新鮮な気持ちで小児医療に接します
5月
6月 (小児)麻酔 小児症例を優先的に担当できます。
7月
8月 (小児)救急 救急医療における成人と小児の共通点・相違点を学べる研修を計画します。
9月
10月 内科 将来小児科医として接することの多い、思春期・若年成人症例に重点をおいた研修を行えるよう配慮します。
11月
12月
1月
2月
3月
2年次
4月 地域※1 真のプライマリ・ケアを学びます。
5月

小児科

(大学)

大学病院で小児診療の基礎を十分に習得します。
6月
7月
8月 NICU 救急研修を兼ねます。希望により市中病院の研修も可能です。
9月
10月 産科 出産を母体側から捉えます。
11月 小児外科 外科研修は小児科で行います。
12月 選択※2 小児科(大学・子供病院・市中病院)、他科(産科、小児外科、精神科、皮膚科、眼科、耳鼻科、放射線診断科など)、いずれも1ヵ月を最小単位として選択可能です。
1月
2月
3月
※1地域医療 小児科クリニックでプライマリ・ケアの真髄を、二葉乳児院や島田療育センターの子どもを通じて社会情勢を学ぶことも可能です。
※2選択   病院長から特別な許可を得て、大学以外の施設(川崎市立川崎病院、横浜市立市民病院など)での研修も可能です。さらに、東京都立小児総合医療センターで研修(小児科、皮膚科など)ができることも、このコースの大きな特徴です。

産婦人科医志望者のモデルコース

1年次
4月 産科 カルテの書き方、診察、検査方法などの初歩から学びます。
5月 婦人科
6月 麻酔科 産科麻酔に必要な硬膜外麻酔を含め、産婦人科医療には麻酔額の知識技能は必須です。
7月
8月 救急科 産婦人科疾患と鑑別診断を含めた総合的救急医療を先端医療現場で学びます。
9月
10月 内科 妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病をはじめ周産期疾患・合併症のかんりとして欠くことのできない、腎臓・内分泌・代謝内科および循環器は必修(2か月ずつ)となります。残り2か月は呼吸器内科、神経内科、血液内科、リウマチ内科のいずれかになります。
11月
12月
1月
2月
3月
2年次
4月 地域 市中病院や開業医での産婦人科医療を学びます。
5月 産科※1 周産期及び生殖医療を学ぶ4か月間です。周産期は特に産後の新生児管理の理解も必須であるため、新生児救急としてNICUで1か月間研修します。生殖医療は体外受精などの不妊医療にとどまらず、本学の特色である生殖内分泌、不育症、生殖遺伝などの豊富な専門外来について学びます。
6月
7月
8月 NICU
9月 婦人科※2 手術を中心に化学療法、放射線療法などの集学的治療を学ぶほか、最先端の医療技術に触れます。家族性腫瘍などの腫瘍医学をはじめ、ワクチンで注目される子宮頸癌の特殊診断など、大学病院ならではの先端医療を学ぶ機会を設けています。
10月
11月
12月 選択 産婦人科(協力型臨床研修病院含む)、他科(放射線診断科、精神科、小児外科、漢方医学センターをはじめ当院すべての科を選択可能)を選択できます。
1月
2月
3月
※1産科 時間を問わない分娩への対処法を学ぶため、産科当直も行います。
※2婦人科   期間中、婦人科当直を通じて婦人科救急の対応法も学びます。

小児科医・産婦人科医コース 小児科医責任者メッセージ

生命の誕生から成育医療・女性医療までのもう一つの総合診療

卒後臨床研修センター副センター長 関口進一郎
コース責任者
卒後臨床研修センター副センター長
関口進一郎

卒後臨床研修センター副センター長 内田浩
コース副責任者
卒後臨床研修センター副センター長
内田 浩

わが国の医療は、高度な発達を遂げるとともに専門化が進みました。一方で、幅広い初期対応ができる総合診療医の必要性が再び指摘されています。
 本プログラムは、生命の成立(生殖医療)・誕生(周産期医療/新生児医療)から成育医療(一般小児診療)を経て女性においては終末医療までを守備範囲とした、いわば「もう一つの総合診療医」の育成を目指しています。そのために、一般プログラムでは履修が困難な生殖医療、周産期医療や小児成育医療などを深く学ぶ機会を数多く用意しています。
 当院には、産婦人科・小児科・小児外科に加え, 多くの関連診療科を結集した、周産期・小児医療センターがあります。それぞれの科のコミュニケーションが良好なため、有機的に連携した研修が可能で、プログラム修了後の専攻分野においても幅広い選択肢が展開されます。
 将来、小児科医や産婦人科医を目指している方々は勿論のこと、総合診療医として将来的に子供から大人まで全ての年齢層の患者さんと接していきたいと考えている方、他科の専攻を予定しているが周産期・成育医療の基礎を身につけた「ひと味違った」総合診療医を目指す方にも参加していただける、柔軟性のあるプログラムです。

研修医メッセージ

こちらをご覧ください。

To page top