地域-大学循環コース

プログラム内容

協力型臨床研修病院と、慶應義塾大学病院で1年間ずつ研修するコースです。

【1年次に協力型研修病院で研修】
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急 外科 地域
2年次 麻酔 小児 産婦 精神 選択(複数可)
【2年次に協力型研修病院で研修】
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急 外科 選択
2年次 麻酔 小児 産婦 精神 地域 選択(複数可)

※1年次および2年次内ローテーションは順不同

協力型臨床研修病院と定員一覧

平成29年度協力型臨床研修病院と定員一覧こちらからご覧ください

各診療科推奨コース

それぞれの診療科をクリックすると、「地域-大学循環コース」の2年目に行う選択期間の各診療科推奨コースをご覧いただけます。

診療科
内科 外科 脳神経外科
整形外科 形成外科 小児科
産婦人科 眼科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉科 精神・神経科
放射線治療科 放射線診断科 麻酔科
救急科 リハビリテーション科 感染制御センター
漢方医学センター 中央臨床検査部 血液・浄化透析センター
病理診断部 総合診療科

コース責任者メッセージ

Common Diseaseの豊富な診療経験と様々な専門研修が両立できる複合プログラム

卒後臨床研修センター 副センター長 藤島清太郎 コース責任者
卒後臨床研修センター 副センター長 藤島清太郎

協力型臨床研修病院と当院を1年間ずつ研修するプログラムで,地域医療研修は原則協力型臨床研修病院で行います。 1年間の研修を市中病院で行うため,Common Disease症例の豊富な診療経験と手技の習得が可能です。当院が誇る数々の協力型臨床研修病院が,各々の特色を活かした魅力的な研修プログラムを提供しており,各病院の研修内容は卒後臨床研修センターホームページからダウンロード可能です。本プログラムでは,東京大学医学部附属病院を研修先に選ぶことできます。 他の1年間は,当院で研修を行います。1年目に選択すれば,基本領域をアカデミックな環境で研修でき,また2年目に選択すれば,様々な選択研修プログラムの中から柔軟に選べます。 いずれの研修でも,指導医から最先端のEBMと手技を学ぶことができます。さらに既に将来の専門(領域)診療科を決めている方々のために,様々な推奨コースも準備していますので,ぜひ参考にしてください。

研修医メッセージ

市中病院と大学病院で悩んでいる医学生!片方を選ぼうとしていませんか?

平成27年度 地域‐大学循環コース 岡本 泰治
(1年目,那須赤十字病院 2年目,慶應義塾大学病院)

「研修病院を選ぶこと」,それは高学年になるにつれ,国家試験に比肩する関心事となっていることと思います。僕も,「大学病院で論理的思考力,EBM,最先端の治療について学び,医師としての土台作りをしたい。でも,市中病院でCommon Disease を勉強し実際に手技を行えるようになりたい」と,考えあぐねていました。市中病院では,研修医一人の役割が大きく,即戦力として働くことができ,ドレーン挿入,CV 挿入,内視鏡検査,手術での術者といった,様々な手技を経験することができます。また,僕が1年目に働いていた病院は地域密着型の病院であり,地域での医療の様子を見ることができました。一方大学病院は,市中病院では殆ど遭遇しないような疾患の患者さんが数多くいます。その環境下で,まだ一般的には行われていない最先端の研究,治療を日々目の当たりにしています。また,層の厚い指 導体制のもと,数多くのセミナーやカンファレンスといった,理論的,段階的に勉強できる機会が豊富にあります。地域- 大学循環コースの利点は,この両方の長所を味わえるところにあると考えています。 どちらも医師として働く上で必要なスキルであり,それを初期研修医の時点で経験できることは,今後医師として歩んでいく中で必ずや強みとなるでしょう。また,マイナー科志望の学生によくある,「市中病院で研修したいけど,全科揃っていない…」といった悩みも本コースでは解決できます。百聞は一見に如かず,まずは見学にお越しください。そして,将来皆さんと働けるのを楽しみに待っています!

To page top