大学一貫コース

プログラム内容

2年間を慶應義塾大学病院で研修するコースです。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急 外科、麻酔、小児、
産婦、精神
2年次 地域 選択(複数可)

※ローテーションは順不同

※1年目の「選択必修期間」3か月間で原則、外科、麻酔、小児、産婦、精神の5診療科を研修します。なお、1診療科の最短研修期間は2週間となります。
例えば、選択必修期間で外科、麻酔、小児をそれぞれ一ヶ月間選択した場合は、残りの2診療科は2年次「選択期間」で研修することになり、その場合の最短研修期間は1ヶ月となります。

各診療科推奨コース

それぞれの診療科をクリックすると、「慶應義塾大学病院一貫コース」の2年目に行う選択期間の各診療科推奨コースをご覧いただけます。

診療科
内科 外科 脳神経外科
整形外科 形成外科 小児科
産婦人科 眼科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉科 精神・神経科
放射線治療科 放射線診断科 麻酔科
救急科 リハビリテーション科 感染制御センター
漢方医学センター 中央臨床検査部 血液・浄化透析センター
病理診断部 総合診療科

コース責任者メッセージ

将来の目標を見据えたあなたの希望をかなえるテーラーメードプログラムです

卒後臨床研修センター副センター長 コース責任者
卒後臨床研修センター 副センター長 堀口崇

2年間慶應義塾大学病院で研修するプログラムです。様々な機会に,当院が誇るあらゆる分野の専門家に直接接することで,基礎医学から,基本的診療技術,さらには最先端医療まで,多岐にわたる研修を将来につなげる一貫教育として提供します。2年目の自由選択期間が11か月間という長期にわたって設定されていることは本コース最大の特徴です。将来進む分野が決まっておられる場合には,その科に可能な限り早く,そして長く触れることができます。また各科が推奨するプログラムの案は,研修期間の今だからこそ身につけるべきスキルや知識を体得するのに最適なプランになっています。毎週定期的に開催されるカンファレンス,回診,勉強会,抄読会などは,大学病院の充実した設備や資料によってより効率的な学習機会となるでしょう。医師になって最初の大事な2年間。大学病院という恵まれた学習の場で,希望を最大限にかなえた研修を受け,将来の夢につなげましょう!!

研修医メッセージ

こちらをご覧ください。

To page top