沿革

慶應義塾大学病院の沿革

1917年(大正6年) 北里柴三郎博士を初代医学部長として迎え、医学科を設置
1918年(大正7年) 看護婦養成所開設
1920年(大正9年) 大学令施行(慶應義塾大学新発足)
開校ならびに開院式
「慶應医学会」創立
1921年(大正10年) 雑誌「慶應医学」創刊
1937年(昭和12年) 北里博士記念医学図書館竣工
1950年(昭和25年) 厚生女子学院開設(看護婦養成所を改称)
1973年(昭和48年) 亀谷記念伊勢慶應病院、義塾へ移管
1977年(昭和52年) 月が瀬リハビリテーションセンター竣工
1987年(昭和62年) 2号館棟開院
1994年(平成6年) 特定機能病院として承認
1996年(平成8年) 新教育研究棟竣工
2001年(平成13年) 総合医科学研究棟竣工
2003年(平成15年) 伊勢慶應病院 9月閉院
2008年(平成20年) 臨床研修棟竣工
2011年(平成23年) 3号館北棟竣工
2011年(平成23年) 月ヶ瀬リハビリテーションセンター 9月閉院
2012年(平成24年) 3号館南棟竣工
2015年(平成27年) 1号館Ⅰ期竣工
2016年(平成28年) 臨床研究中核病院として承認

To page top